輪行して自転車聖地巡礼旅 2日目 番外編

みなさん新年あけましておめでとうございます。

よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅の2日目にして2016年上どころではない。
今まで生きてきた人生史上最大の珍事件が発生した。

舞台は国道304号線。

f:id:kouki_nex:20161215125908j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125907j:plain

 


山頂を目指し自転車を押していたとき、一台の車が通りがかった。
(頑張って漕げよって声もあると思うんですが、僕の脚力ですと押したほうが効率よかったんです。はい)

最初は速度を落としながら、どこまで行くんだ?頑張りや。などの声をかけてくれていただけなんですが、
運転手である80歳前後のおじいさんは上まで載せて行ってやるよ。と車を停止。
もともと自走でなく輪行で金沢まできているゆえ、特に自走でいくことにこだわりなんかはもってなかったものの、当然断る。
しかし、おじいちゃんもなかなか引き下がらず、後ろから車もほどほどにくるわけで。
後ろの迷惑を考え、とりあえず発した言葉は
この自転車に台に乗らんと思うで。
おじいさんの車は軽自動車だったのでここぞとばかりにキメ台詞を放つ俺。
そんなことおかまいなしのおじいさん。
強引に荷台に自転車を詰め込むと、案の定閉まらない扉。
そんなことおかまいなしのおじいさん。

こんな感じで結局乗せてもらうことに。

f:id:kouki_nex:20161215125909j:plain

すると、おじいさんが水飲みたいからちょっと遠回りしてもいいか。
湧き水沸いてるところがある。
とか言い出す。
は???どこ遠回りできるねん。この先トンネルやろ。
そもそも俺に拒否権ないやろ。
と、思っているとトンネルができる以前の旧道に向かいだす。
さすがに少し怖くなって、トンネルの前、および旧道に向かう前に
いや、もうここでいいで。
そう静止するも時既に遅し。
俺は覚悟を決めた。
最悪の場合はこんなお年よりに手を上げないといけないのか。きついな。
なんて思いながら山の奥へ進む車。
普通に恐怖してたわけだが少し様子がおかしい。

おじいさん「君は結婚しとるんか?旦那さんいるんか?」
僕「してないですよ。?????」
おじいさん「彼氏とかもおらんのか?」
俺(ん?????)
俺「いないんですよねーwww」
おじいさん「そうか。君は美人さんやからまわりがうんぬんかんぬん」

俺、ここで初めて「女」として見られていたことに気づく。
一気に血の気が引き普通に顔が引きつる俺。
いやいやいやいや
目が悪い、ボケ、老化を考慮してもおかしいだろ!!!!!!

ピンクのパーカーを腰に巻き、上の服装は艦これのサイクルジャージ。
※参考画像

f:id:kouki_nex:20170105111737j:plain

パーカーがスカートに見えた可能性???
でもさっきまで普通に地声でしゃべってるわけで。

ここでなぜか気を使い出す俺。
気持ち声を高めに、女の子っぽい感じの声でしゃべりだす。
いやいや、俺もアホか!!!!!!
普通に俺男や言うたらええやんけ!!!!!

なぜか、おじいさんの夢を壊すのが忍びなく女の子を演じる25歳。
ビール腹を気にしている白髪の多いおっさん。

普通にきしょいわ!!!!!

ちなみに下はバスパンというバスケットボールのときに使うスポーツパンツを穿いてました。
故にすね毛がボーボーなわけですよ。
おじいさんもそれに気づいたのか、お姉ちゃんたくましい足してるねぇ。なんて言ってくる。
同様した俺「自転車してるんで」
意味不明すぎわろた。そうやって難を凌ぐ俺。


おじいさん「わしは君になんもせんから安心してや」

なんていうてるくせに

おじいさん「こんな山奥でも携帯の電波入るんか?」

お前なんかする気満々やんけ!!wwwwwww

これはあれか、湧き水も嘘か??
なんて思ってましたが、本当に湧き水はありました。
せっかくなので水の補給と水分補給はさせていただく。

しかし旧道である県道で、道の整備がされていなくて、上から落ちてきたでかい木とか草ボーボーなので湧き水があったとしても油断できません。

本当に人気が無い道。車一台しか通れない道幅。
このまま揉めて自転車持って行かれたらどうしよう・・・・・・
そんな気持ちもあったので、このまま女の人として無事に別れようと決意。
もちろん、最悪の事態は想定したままですが。

そうこうしながらなんとか広い道へ出ることができ、お別れ。
最後にお姉ちゃんの手だけ触らせてくれ。
なんていいだすおじいさんがなんかかわいく見えてきました。
最後は普通に握手をして腕触られてバイバイしました。

f:id:kouki_nex:20161215125911j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125912j:plain

 

f:id:kouki_nex:20161215125910j:plain

 

そして、国道304へ無事合流し走り進めるのであった。


25歳のおっさんが女の子に間違えられる。
こんな経験は世間をみてもほとんどないでしょう。

いや、最近流行?のジェンダーレス男子とかならわからないのか。

25歳のおっさんが女の子に間違えられた話。
パワーワード感がすごいですね。

次回は3日目。白川郷から飛騨高山のお話です。
なるべく早めに更新できるように頑張ります。

ワープで遠回りしたルート。
かなり遠回りしてるけど本当に時短になったのかな……

輪行して自転車聖地巡礼旅 2日目 湯涌温泉→金沢大学→城端→白川郷

輪行して自転車聖地巡礼旅 2日目 湯涌温泉→金沢大学→城端駅→白川郷
久しぶりの更新です。三日坊主どころではない。
すみません。時間作れるようになってきたので今後は頻繁に続きを書いていきます。

旅2日目 9月9日
3時頃就寝し6時頃起床だったかな?
正直全身が痒くて睡眠どころではなかった。

f:id:kouki_nex:20161215125924j:plain

こんなところで寝てました。
耳元で聞こえる蚊の羽音もあり、ほとんど眠ることなく二日目が始まる。
今日は白川郷まで行くつもりであるが、大丈夫だろうか・・・
以前白川郷側から南砺市側に抜けたことがある、あの山を越える必要があるのに大丈夫なのだろうか
・・・
そんな不安しかない気持ちを胸に、ひとまず撤収作業を行う。
白鷺の湯に入ってから出発するため、白鷺の湯の開店までゆっくりできる。

f:id:kouki_nex:20161215125923j:plain

こっちでも充分ゆっくりできそうですね。

f:id:kouki_nex:20161215125925j:plain

こういうところです。ぼんぼり祭りのときは物販とか屋台とかくる広場ですね。


撤収後は周辺の散策をして時間がくるのを待っていたのだが思っていたよりも散歩をしすぎたため、結果的には開店から少し時間がたってから入浴することとなった。

いくつかの記念写真を撮ったり。

f:id:kouki_nex:20161215125714j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125832j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125833j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125831j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125834j:plain


玉泉湖から散策道を通る。

f:id:kouki_nex:20161215125835j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125836j:plain

氷室。中はカラッポでした。

f:id:kouki_nex:20161215125837j:plain

そのまま今は無くなってしまった喜翠荘の面影を見に。
もはやちょっとした登山道であったし、雨で地面がぬかるんでいて正直きつかったです。

f:id:kouki_nex:20161215125829j:plain


本日は晴れ予報であるも、朝方は少し雨がぱらついて幸先の不安がまた募る。
参拝してから温泉を堪能し、この地に来たからには必須であろう。
柚子乙女をいただく白鷺の湯に入って柚子乙女を飲む。

f:id:kouki_nex:20161215125922j:plain


こんな幸せな事がこの世にはあるんだよなぁ・・・
湯上りにゆっくりしすぎてしまったが、日暮れまでに白川郷まで到着できれば良い。
そんな気持ちで、今年の湯涌にさよならした。
来年も来ることができると4年連続か・・・何もなければ是非同じような時期に遊びに来たいですね。

出発してまず向かうのは金沢大学
こちらはAngel Beats!の聖地ですね。
中までゆっくり見学する予定はないですが、機会があればゆっくり大学内も観光してみたいです。
朝に大切な事。まずは食事でしょ。
自転車で移動するうえでカロリーは必須です。
腰を据えて食事を取るのが面倒だったのでコンビニで済ませました。

その後大学を素通り?例の橋はパシャリと。

f:id:kouki_nex:20161215125839j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125840j:plain

 

金沢大学の後は県道7号線でとりあえず南砺市方面へ向かいます。
本日一発目の山越えですね。
二度もしんどい山越えをしないといけないのか・・・
そう思うだけで憂鬱です。
そんな中雲行きが怪しくなり・・・

まさか突然の豪雨!!!
金沢大学の駐輪所で30分ぐらい雨がマシになるのを待ちました。
時間も精神も削られて既にヘトヘトです。まだ全然走ってないのに。
この先も雨雲は消えない予報だったのですが、進行方向に進めば雨雲から抜けられそうだったので弱まったタイミングをみて発進。
今日はお風呂に入らないと風邪引きますねこりゃ。
山は普通にしんどかったです。漕ぐのしんどいんですぐ自転車おりて押しながら登ってました。
頂上でお店が開いてたので水分補給できたのでよかったですが、山登る前は水分を十分に確保しないと思っている以上に飲みますからね。
いやこれマジで。十分だと思った量のプラス500mlは欲しいところです。ほんとに。

山を越えると比較的平坦が続きます。
数年前に大阪~白川郷走った時、岐路でお世話になった道の駅福光を超えて向かうは城端駅。

f:id:kouki_nex:20161215125844j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125845j:plain

 

true tearsの聖地に来たぞ!

f:id:kouki_nex:20161215125846j:plain

以前も軽くこのあたりは走っているんですがどこも巡礼できずだったので今回は有名所を見てから山に向かいます。

最初に訪れた聖地スポットは城端駅でした。

f:id:kouki_nex:20161215125851j:plain

 

ラッピング電車が止まってたので撮影。

f:id:kouki_nex:20161215125847j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125848j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125849j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125850j:plain

この駅には交流ノートであったり寄付された資料があったりと一部のコーナーではあるもののファンにはたまらないスペースがあるのです。

f:id:kouki_nex:20161215125853j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125855j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125854j:plain


アニメの台本だったり、声優さんのコメントまで・・・!!

f:id:kouki_nex:20161215125856j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125900j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125858j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125859j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125857j:plain

 

小さな駅だしそんなに期待してたわけじゃなかったのですがかなりテンションあがりました。

f:id:kouki_nex:20161215125901j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125902j:plain


セフレは有名ですね。作品関係無いし名前がアレなのでよく画像もみます。

f:id:kouki_nex:20161215125928j:plain

やっすう!!!1本18円て・・・

ここで補給しまして、本日二度目の山越えです。まってろよ白川郷

あれ?見覚えあるきが・・・

f:id:kouki_nex:20161215125904j:plain


山の麓?あたりで体育祭かなにかの声だしみたいなのが聞こえたのですこし寄り道。
練習中なのかな?楽しそう。ってここも聖地の学校ですやん!!!

f:id:kouki_nex:20161215125906j:plain


時間に追われだしたので学校はまた次の機会でいいや。そう思ってたのですが、結局寄ることになりました。
この事前に入念な下調べをしていないタイミングでの、あれ?ここ知ってる・・・!!って感覚がとても好きです。

さて、この白川郷へ至る山越えなのですが珍事件が発生します。
結果的には知らないおじいちゃんに声を掛けていただき、少しだけワープしました。
おじいちゃんありがとうございました。
ただ、その過程が個人的に衝撃過ぎたので後ほど番外編の記事を書きます。

f:id:kouki_nex:20161215125909j:plain

ぷ~ん

f:id:kouki_nex:20161215125911j:plain

f:id:kouki_nex:20161215125912j:plain

山の天気はあてにならなかったものの、あとは比較的くだりなので気楽です。
しかしながら、途中で少し休憩しようと自転車を停めようとするとセンタースタンドが折れるアクシデント発生。

f:id:kouki_nex:20161215125916j:plain


こいつどないせい言うねん・・・
昨年のぼんぼり祭りで購入した花咲くいろはのてぬぐいを首に巻いて走っていたら、気づくと首から手ぬぐいがない・・・
かなりブルーで進んでいると背負ってたリュックと背中の間に挟まっててテンションが戻る。

f:id:kouki_nex:20161215125915j:plain


岐阜県富山県を何度もいったりきたりするあの道にたどり着くと、もう目の前だ!って気持ちになりますよね。

無事に日暮れ前に白川郷に到着できました!

f:id:kouki_nex:20161215125918j:plain


見所がおおくて時間が足りないと思ってましたがなんとかなってよかったです。

到着したころには雨も降っていなかったのでさっそく白川郷の湯へ向かいます!
え、入江診療所つぶれてる・・・

 

f:id:kouki_nex:20161215125920j:plain

疲れた身体と冷えた身体を温泉で回復させます。
睡眠不足もあってか、露天風呂でちょっと寝てしまいました。

風呂上りの白川郷サイダーの正義っぷり。

f:id:kouki_nex:20161215125921j:plain


本日の寝るところは道の駅白川郷にある24時間の休憩スペースです。
すると、なんと、既に先客が・・・!
ベンチは複数あるので特に問題はなかったのですが、コミュ障発揮して言葉を交さないまま就寝となった……

 

 

走行距離80km弱
獲得標高1700mぐらい

ワープしたり寄り道あるので正確ではないですが、参考までに。

ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

 

使った夜のお供ライト。 

輪行して自転車聖地巡礼旅 1日目 大阪→金沢→湯涌温泉

旅初日 9月8日

2日連続実家のソファで眠り、ゆっくりとした睡眠も取れていない状態で僕は旅に出た。
実家の引越しを手伝っていて正直疲れていたのもあったけど、時期的にも機会的にも逃すのが惜しかったので無理やり身体に鞭を打ち準備を終わらせる。
家を出る時間が少し送れ、輪行の準備に少しだけ手間取り(20分ぐらい?)、
ギリギリではあったもののホームで少しゆっくりできるぐらいには間に合うことができた。

f:id:kouki_nex:20160915211312j:plain

そうして20:58大阪発のサンダーバードに乗り僕はまた金沢にやってきた。
3年間連続で金沢に来ている程好きな土地である。

輪行した自転車を走れる状態にした頃には日付が変わり9月9日になっていた。
今から僕の聖地巡礼自転車旅が始まる・・・

f:id:kouki_nex:20160915211501j:plain


ここに来るまでの時間があまりに怒涛に過ぎて行き、まだ実感が感じられないがとりあえず自転車を走らせる。

 

向かう先は「花咲くいろは」の聖地、湯涌温泉。
距離にして16km弱程度。ゆるい上りが続く道ではあるが比較的楽な道のりである。
何度も走っている道なので体が進むべき方向を覚えている。といってもほとんど一直線なのだが・・・

金沢駅から近いとは言えど、湯涌温泉があるのは山の中。
夜中に山中を走るのは路面的にもおばけ的にも怖いものがある。
特に急いでいるわけでもないのでゆるぽた気分で自転車を走らせた。
天気予報ではくもりマークだったものの、山中からすこしずつ雨が降り出してきた。
100円のものではあるがないよりマシだと思って持ってきた合羽を着て走り続ける。
結果的には安い合羽着るぐらいなら無い方がマシであったと思う。

湯涌に到着すると実感する。

f:id:kouki_nex:20160915211345j:plain


やはり何度きても素晴らしい場所であると。
何度も金沢に来る理由がこの場所にはある。3年連続で来ているが飽きないのである。

f:id:kouki_nex:20160915211355j:plain

足湯に入ってみるとまだ少しだけ暖かかった。
しかしその最中にも強まる雨。寝床を確保するべく、近くの広場の方向へ向かった。
金沢湯涌みどりの里。トイレもあり軒下もあり眠るには絶好の条件である。
今回はテントも寝袋も持ってこず、ホームレススタイルでの旅となる。
初めての試みであるがどうなるか・・・

少し離れたところにベンチ?のある場所があるのでそこで眠る準備を整える。
虫除けとしてハッカスプレーを自作して持ってきたが結果的にほとんど効力は無かった。
ハッカが少なかったのだろうか・・・
初めてのホームレス型野宿は蚊に噛まれまくってしまい、苦い思い出となってしまった。
防寒、虫対策になるので寝袋ぐらいは持ってくるべきでした。
エマジェンシーシートに包まり、初日は終わった。

走行距離16km弱
獲得標高220mぐらい

今回利用したフロントバッグと輪行袋

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) マルチユースキャリングバッグ 防水リップストップ素材輪行バッグ 【前輪固定用タイベルト3本付属】 耐水圧3,500mmナイロンタフタ(PUコーティング)素材採用 大径車対応 簡単収納パッカブル設計 高い防水性 強固な素材 携帯用収納ケース内蔵 自転車用レインカバー 収納サイズA4相当 シーンに応じて様々な使い方 DCB168-BKOSTRICH(オーストリッチ) フロントバッグ F-104 グリーン

 

輪行しながら自転車で旅行してきます。金沢~白川郷~高山

以前にTwitterでこんなことをつぶやきました。↓

f:id:kouki_nex:20160908175847p:plain
・・・なーんて事を言っておりましたが実家の引越しイベントをなんとか消化し時間を作る事ができたので、
今年の夏も終わりと秋の始まりである9月に。僕はまた旅に出ます。

2年前の似たような時期にに大阪から自走し豊郷→白川郷→湯涌温泉というルートでけいおん!ひぐらしのなく頃に
花咲くいろは聖地巡礼に行っておりますが僕はまた湯涌温泉と白川郷に向かいます。何度も行きたいのです。

本当は今回も自走をして向かいたかったんですが、時間の都合上輪行をして現地を軽く走るだけのゆる~い旅に。

暫定ですが予定表
9月8日(木)
20:58発 サンダーバード47号で大阪~金沢へ輪行
23:29着予定なので、到着後金沢からゆるゆる湯涌温泉へ向かいます。

9月9日(金)
湯涌温泉~白川郷
白鷺の湯が7:00に開くので入浴後に県道27号線で白川郷へ向かう予定です。
途中に城端を通るのでtrue tearsの聖地にもちょっと寄り道しようと思ってます。

9月10日(土)
白川郷~飛騨高山
白川郷の湯が7:00に開くので入浴後に国道360号線の天生峠を超えて高山方面へ向かう予定です。
開通はしてるはずなのですが、通行止めになってないことを祈ります。
君の名は。の聖地に行きたくて初めての飛騨高山です。
本当はあの階段か糸守のある諏訪湖に行きたかったんですが次の機会ですね・・・
ちなみに高山市に行くって事で氷菓見ました。

9月11日(日)
飛騨高山~大阪
高山駅より15:35発ワイドビューひだ36号にてゆっくり大阪へ輪行予定。
最短時間で帰れるルートより40分ほど余分にかかりますが、乗り換え無しのほうが楽でいいので。

そんな感じですかね。走行距離としては160km前後の予定なので1日で走りきれるような距離なんですが・・・(獲得標高を除く)
山越えがあるということと、最近自転車に乗っていなかったためこれでもキツイかもしれないです。

主に山が。

あとは台風に抗い、天候に恵まれることを祈るばかりです。

 

ブログ開設

初めまして。kouki_nexです。

呼び方は「こうき」でも「ねっくす」でも「こうきねっくす」でもお好きに呼んで下さい。

いろいろと発信したい事があるというか、ただ気分のままにつらつらと書きたい事等が日頃からあるのですが、正直なところFacebookは体質に合わずTwitterでは文字制限の壁があるのでブログ開設に至りました。

一つの話題に絞った一貫性のあるものではなく、様々なジャンルがごちゃまぜになった規則性のないブログになると思いますが適当に時間があるときに更新しようと思います。

今のところ旅行したり、ダイビングに行ったりしたときは更新したいと思ってます。

他はゲームとか映画、音楽、本、アニメ、資格、日常の話を書いていくと思います。

はてなブログにした理由は編集が簡単そうだったからです。以後よろしくお願いします。